通学講座・通信講座の利用

独学スタイルでなく、通学講座や通信講座を利用した学習法は、より効果的な方法です。スクールでプロの講師から直接、学習の細かいポイントや法令上の難解な解釈などについて直に教えてもらえれば、試験に対する理解も深まります。
また今日では同様の学習効果を、通信講座が提供するメディア教材からも得ることができます。

■通学講座

最短距離で合格したいなら、多少費用が掛かっても通学講座がお薦めです。
◎教室の生の授業には迫力があり集中しやすい。
◎学校のカリキュラムに拘束されているため、その通りに学習すればスケジュール管理も自動的にできる。
◎最新の情報を学校が提供してくれる。
◎講師にその場で質問できる。

などなど、それ相応の受講料が必要となる通学講座には、やはり至れり尽くせりのサービスが整っています。
また独学の最大の不安要素である、長期間の試験準備期間のモチベーション維持という課題を解決してくれるのもが通学講座のカリキュラムです。教室内のライバル(もしくは友人)を意識して勉強することで、挫折することなく、学習意欲を継続できます。

■通信講座

「講義が聞ける学習スタイルは魅力だけど、学校へ通うだけの時間の余裕がない」という方にお薦めなのが通信講座です。自宅で講師の授業を受けられる(メディア学習)通信講座なら、時間や距離の問題は一挙に解決できます。
通信講座も通学校と同様に、自分で教材を選ぶ必要がありません。カリキュラムもきちんと用意されています。また試験に必要な最新情報についても随時提供している通信講座がほとんどです。

つまり今日、通学講座と通信講座のちがいは、授業が「教室の生の授業」か「メディアの授業」かという、その一点のみに限られているといえます。講義DVD・CDなどのメディア教材が進化しており、教室まで通う距離や時間の制約を、どんどん解消しつつあるのです。

その一例がフォーサイトという通信講座です。フォーサイトでは学習範囲を絞った合格点主義でテキストを編集。講義DVDはそのテキストの内容を、自宅学習専用にスタジオで録画しているので見やすく、集中して授業に取り組むことができます。

またメディア教材は、何度でも繰り返して見る・聴くができる点も助かります。受講料は通学校と比べずっと安く済ませることができますので、3つの学習スタイルのなかで最も合理的なのが、通信講座と言うこともできそうです。



トップページ

マンション管理士の試験

●試験の概要

●試験の難易度

●多様な受験者層

●試験の出題傾向

●主要法令科目の攻略ポイント

マンション管理士の試験対策

●試験の準備&学習法

●独学者の教材選び

●通学講座・通信講座の利用

●講座選びのポイント

●安い講座がいい場合

●費用の負担がしんどいなら

マンション管理士について

●マンション管理士の魅力

●管理業務主任者との違いとは?

●マンション管理士の適性

●マンション管理士の転職事情