いずれの世代にも価値ある資格。だから試験場のライバルは強敵です。

当然ですが国家資格は、取得後自分の将来(仕事)に活かすために取得するものです。そのため資格の取得年齢は、概ね学生の時期と20~30歳代に集中するのが一般的です。ところがマンション管理士資格については、その常識が当てはまりません。

マンション管理士の受験者層は広範に渡っています。そのことが解ると、これから試験を目指すみなさんにもいくつかの可能性、反対に試験対策として留意すべきことが見えてきます。まずは下記のデータをご覧ください。

【年齢別受験者数・合格率など(2008年度)】
年齢 受験申込者数 受験者数 受験率 合格者数 合格率
~29歳 2,460(11.0%) 1,962(10.2%) 79.8% 159(9.5%) 8.1%
30歳~39歳 5,468(24.3%) 4,503(23.3%) 82.4% 432(25.9%) 9.6%
40歳~49歳 5,170(23.0%) 4,411(22.9%) 85.3% 386(23.2%) 8.8%
50歳~59歳 5,788(25.8%) 5,113(26.5%) 88.3% 428(25.7%) 8.4%
60歳~? 3,576(15.9%) 3,312(17.2%) 92.6% 261(15.7%) 7.9%
合計? 22,462(100.0%) 19,301(100.0%) 85.9% 1,666(100.0%) 8.6%

●50歳以上の受験者・合格者が40%以上

この事実には、いろんな背景があります。
マンション管理組合のコンサルタントとして活躍するマンション管理士には、専門知識にプラスして豊富な社会経験も必要とされること。年配者の方が信用されやすいということです。

また定年後の再就職としてマンション管理会社で嘱託社員を考えている人が少なくないこと。さらには有資格者として営利の仕事をするのではなく、自分が住むマンションにボランティア的に関わる方がいらっしゃる、などの理由が挙げられます。

ですからマンション管理士試験は、いま40代の方が目指すにしても、取得後十分にペイする資格であるといえます。もちろん取得年齢が若いほど、それだけ未来の可能性は広がります。

●受験ライバルの多くは強敵です!

以下は上記の受験者層をもとにした管理人の推論となります。ここには留意が必要です。それは、マンション管理士試験は、不動産・不動産管理業界等で経験豊富なベテラン社会人はもとより、宅建、司法書士、行政書士等の取得者にも受験者が多いということです。
受験年齢層が広範で、なかには登記や行政書類作成のプロも、受験のライバルとして含まれていると思います。

マンション管理士試験の合格率7.5%~8.5%については、そうした背景をトータルに考慮しておく必要があるでしょう。
取得価値の大きい資格ですから当然といえば当然ですが、力のある強敵を凌いで合格する覚悟を持ちましょう。



トップページ

マンション管理士の試験

●試験の概要

●試験の難易度

●多様な受験者層

●試験の出題傾向

●主要法令科目の攻略ポイント

マンション管理士の試験対策

●試験の準備&学習法

●独学者の教材選び

●通学講座・通信講座の利用

●講座選びのポイント

●安い講座がいい場合

●費用の負担がしんどいなら

マンション管理士について

●マンション管理士の魅力

●管理業務主任者との違いとは?

●マンション管理士の適性

●マンション管理士の転職事情