マンション管理士の魅力

●独立開業者として自由裁量高く働けます。

マンション管理士は独立開業向きの資格です。資格取得者の多くの方が、マンション管理組合の方々と力を併せ、問題解決をするコンサルタントとして活躍しています。制度制定からまだ10年ほどとまだ歴史が浅いぶん、その開業ノウハウなど未知数な部分も多く残されているのは確かです。しかしそのぶん余計に開拓の余地のある資格・仕事であるのも本当です。
独立開業者として会社組織には拘束されないで自由な働き方ができます。すべて自由裁量で決められる働き方には責任やリスクも伴うとは思います。でも、そうしたすべてを自分で抱え自分の力で生きる働き方にこそ充実感があります。

●取引先がいつまでも継続する安定性!

マンション管理士が仕事をいただくお客様(顧客)とは、マンションの管理組合のことです。一度契約をいただいたお客様(マンション管理組合)との縁は、よほどのトラブルを起こさないかぎり途切れることがないでしょう。
そこが顧客獲得競争のきびしいサラリーマンとも、その他の士業とも大きく異なるところです。たとえば税理士は顧客とのおつき合いの長い資格者の代表格ですが、それは顧客が存続している(潰れない)ことが大前提です。
しかしマンション管理士にかぎっては取引先が倒産することは決してありません。マンション管理士業の安定感としてよく言われるのが、行政などのお役所と取引をしている感覚の安心性です。取引先がいつまでも継続する有難さは、何ものにも換えらません。

●転職&再就職に有利

マンション管理士資格は、独立開業だけではなく転職・再就職にもプラスに作用します。マンションに関わる業務を展開する企業(分譲・仲介業者や管理業者など)にとっては、国家資格者であるマンション管理士は、採用したい資格者の筆頭に挙げられます。今抱えているお客様の要望にお応えするために、また新規顧客からの信頼を得るために、マンション管理士が果たす役割は大きいからです。
また、定年退職後の再就職の手段としてもマンション管理士資格は効力を発揮します。この場合再就職先は主に管理会社ということになります。定年退職後の再雇用政策が定着しつつあるいま、持っていると有利な資格の代表格です。

<お薦めのマンション管理士講座>

第1位 フォーサイト
フォーサイトは、基本テキストの情報量もコンパクトにまとまっています。合格に必要な最小限の情報量を繰り返し勉強して覚えることで、ムリなく合格ラインをギリギリ超える実力を育てることが、フォーサイトの教育方針です。
フォーサイトの詳しい情報はこちら

第2位 ユーキャン
CMでもでもおなじみの生涯学習の通信講座です。イラストや図表を多用した教材には、わかりやすく学べる工夫が満載されています。
ユーキャンの詳しい情報はこちら

第3位 TAC
基礎力の徹底指導に定評ある専門学校です。「通学」でマンション管理士を目指す方への一押し校です。
TACの詳しい情報はこちら



トップページ

マンション管理士の試験

●試験の概要

●試験の難易度

●多様な受験者層

●試験の出題傾向

●主要法令科目の攻略ポイント

マンション管理士の試験対策

●試験の準備&学習法

●独学者の教材選び

●通学講座・通信講座の利用

●講座選びのポイント

●安い講座がいい場合

●費用の負担がしんどいなら

マンション管理士について

●マンション管理士の魅力

●管理業務主任者との違いとは?

●マンション管理士の適性

●マンション管理士の転職事情