マンション管理士の転職事情

マンション管理士の資格を取得して、心機一転、転職をしたいとお考えの方はたくさんいらっしゃると思います。
「今の仕事ではやりがいがない」、「専門資格を取得すれば新たな一歩が踏み出せるのではないか」、マンション管理士の資格はそんな受験生の思いを叶えてくれるプラチナ切符です。ぜひとも合格して、希望の職を目指しましょう!

 ところで、マンション管理士に合格した後には、どんな転職先が候補に挙げられるのでしょうか?ここでは、具体的な例をまとめておくことにいたしましょう。

・マンション管理会社に就職

マンション管理会社は、マンション管理組合から委託された管理業務を行います。マンション管理士の就職先としては最も多いのが、このパターンです。

・マンション管理組合の顧問に就任

マンション管理士として独立開業をするケースは、会社に所属する場合と比較すると圧倒的に少ないのが現実です。
しかしながら、ある程度実務経験を積んだ後、マンション管理組合と直接顧問契約を結び、アドバイザーとして活躍する方も、そう多くはないですが見受けられます。
具体的な業務としては、管理組合の運営の指導監督、監査報告書の作成などの請負となります。

・不動産会社や建設会社に就職

マンション管理に関係する、不動産や建設といった業界にも、マンション管理士の活躍の場があります。
こちらも、マンション管理士資格取得後の転職先としては王道パターンのひとつとなっています。

 このように、マンション管理士の有資格者は、常に様々な業界から需要があります。よって、この資格を活かしての就職や転職は充分に見込めると言って良いでしょう。
ただし、マンション管理士には俗にいう独占業務というものがなく、資格を有する意味合いとしてはあくまで「信頼性を高める目的」であることに過ぎないことは、覚えておきましょう。
上に挙げた仕事に携わるために必ずしもマンション管理士の資格を持っていなければいけないというわけではありません。よって、「条件に合う募集さえあれば、資格取得の前であってもとりあえず業界に入ってしまう」というのも一つの手段であると思います。
マンション管理士への転職を志すのであれば、資格取得と同時に求人探しも進めていくようにするとスムーズかもしれませんね。



トップページ

マンション管理士の試験

●試験の概要

●試験の難易度

●多様な受験者層

●試験の出題傾向

●主要法令科目の攻略ポイント

マンション管理士の試験対策

●試験の準備&学習法

●独学者の教材選び

●通学講座・通信講座の利用

●講座選びのポイント

●安い講座がいい場合

●費用の負担がしんどいなら

マンション管理士について

●マンション管理士の魅力

●管理業務主任者との違いとは?

●マンション管理士の適性

●マンション管理士の転職事情